春の月山&湯殿山BCレポート | MOTTAGE アートな車中泊グッズ、カーキャンプ用品の専門店

2022/04/19 19:03

先週の土日4月16日〜17日で山形県の月山にバックカントリーに行ってきた。


月山とは積雪が多く4月からオープンするスキー場でバックカントリーも人気の山





東京からだと東北道で5〜6時間かかる結構遠い山だけど山の広さとシーズンの長さが魅力でスキー、ボード好きには結構有名な山。


金曜の夜12時から出発したので全然混む事なく深夜割引も効いてよい感じで到着。途中寒河江のPがガソリンスタンドの最後というのが大事でちょうどその位で給油したくなるので覚えておいて欲しい


6時過ぎに到着してその寒河江のスタンドが7時からという事で少し仮眠して8時ごろにには月山の麓の宿に到着。


でも初日はガスがすごく雨も降っていてコンディションは悪かった。とりあえず様子を見るため宿のバスであげてもらう。




バス停車場から5分ほど歩いてペアリフト乗り場





少し待ったけど全然天候が回復しないので諦めてリフトトップからゲレンデサイドを滑る事に。







明日晴天予定なので足ならしでツリーラン。今年は地震の影響?かクラックがいつもより多いという事で慎重に滑る。




この時期のストップスノーは結構大変だけどトレーニングにちょうどよし




降った所で天候も回復して明日楽しみだなぁという感じでネイチャーセンター付近で初日は終了




宿からコンビニまで30分ほどあるが道の駅やダムとかあって景色も良いし旅行気分で楽しい




二日目、朝から雲ひとつない晴天で無風。最高の天気!


昨日とは見違えた月山リフトトップ。ゆったり9時頃から登坂開始。




今年はTバーがなくてリフトトップから姥ヶ岳へ20分位のハイク。この辺はまだクラックもなく景色を楽しみながら登る。






姥ヶ岳トップの景色は最高で鳥海山がくっきり!そしてうっすら日本海も見える!




しかし月山をみると今年は気温が高かったのか全然雪がついてない、、、




という事でコースを変えて湯殿山方面にむかう事に




最初のドロップはかなり広いバーンで最高!スキーヤーは縦に落とせるしボーダーは当て込めるしどっちも楽しめる斜面。




滑った斜面





ボトムで昼食。滑ったラインを見ながら昼食を食べられるのは最高。気温も暖かく無風で最高!日焼けしちゃう。




ここから湯殿山に登り返しが始まる。距離は短いけどたまに急斜があってスキーでの直登は結構ハード。




たまたまパーティーにMTN APPROACHという完全に上りだけのシールが元々貼ってあって3つに折れるスキーを持ってきたボーダーがいたのでスノーシュー4人とスキー2人での登坂だったのだけどMTN APPROACHでの急斜はかなりハードそうだった。




しかもここには至る所に体全部入るほどのクラックが空いていて避けて登るため結構神経を使った。


1時間30分ほど登ってトップまで到着。ここも景色が最高




湯殿山神社まで落とせる時もあるらしいのだが今年は雪が少なく不可。そのため南面?の方まで行ってみる。




かなり良い斜面だけどクラックが多く、スタートからだとどこが空いていけるのかがわかりにくい。






各自良い感じにコース取りしてドロップ。

ここは気持ち良すぎて写真なし!




滑り終わって前日滑ったツリーエリアに合流して終了。




登る時間は少ないけどかなり広い山で滑る所も他にも沢山ありそうでまたすぐ来たくなる山だった。次は月山登りたいなぁ!


もう少しシーズンは続く!